千字文

小川環樹, 木田章義 注解

四字一句の250句でなる「千字文」は、中国古代より児童の文字を学ぶ初歩の教科書として広く利用され、日本では習字の手本としても古くから親しまれてきた。本書は千字文を口語に訳し、文選読みという古い読み方と、多くの興味深い逸話を含む李暹の「千字文注」の訳を加え、巻末に智永の真蹟本「真草千字文」を付した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天地玄黄宇宙洪荒
  • 日月盈昃辰宿列張
  • 寒来暑往秋収冬蔵
  • 閏余成歳律呂調陽
  • 雲騰致雨露結為霜
  • 金生麗水玉出〓@4BC9@崗
  • 劒号巨闕珠称夜光
  • 菓珍李〓菜重芥薑
  • 海鹹河淡鱗潜羽翔
  • 龍師火帝鳥官人皇〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 千字文
著作者等 小川 環樹
木田 章義
書名ヨミ センジモン
シリーズ名 千字文
岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.1
ページ数 469p
大きさ 15cm
ISBN 4003322010
NCID BN1575531X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想