公益企業経営

公益事業学会 編

[目次]

  • 公益企業經營 目次
  • 第一章 公益事業経営論 / p1
  • 一 公益事業における経営原理 / p2
  • 二 公益事業経営の特質 / p7
  • 三 経営合理化と経営管理 / p9
  • 四 経営管理の原則 / p14
  • 五 経営管理職能の階層的構造 / p18
  • 六 ラインとスタッフの問題 / p21
  • 七 責任と権限の問題 / p25
  • 八 綜合的方針決定と綜合的統制の問題 / p26
  • 第二章 公益事業財務論 / p29
  • 一 公益事業の資本 / p30
  • 二 公益事業の積立金 / p44
  • 三 固定資産の維持 -減価償却- / p54
  • 第三章 公益事業金融論 / p65
  • 一 公益企業における証券金融の重要性 / p66
  • 二 公益企業における株式金融の着眼点 / p70
  • 三 公益企業における社員金融の問題点 / p75
  • 四 公益企業と貸付金融 / p85
  • 第四章 公益事業費用論 / p89
  • 一 公益事業の財産構成 / p90
  • 二 公益事業の資本構成 / p92
  • 三 公益事業の資本回転 / p95
  • 四 公益事業の費用構成(I) -材料費、労務費、経費、一般管理費および販売費など / p103
  • 五 公益事業の費用構成(II) -固定費と変動費 / p106
  • 六 公益事業における売上高利益率(費用対收益比率) / p109
  • 七 公益事業の損益分岐点(基礎理論) / p113
  • 八 公益事業の損益分岐点(応用理論) / p121
  • 九 公益事業の限界費用(基礎理論) / p125
  • 十 公益事業の差別価格(限界費用の応用) / p130
  • 第五章 公益事業料金決定論 / p133
  • 一 公益事業料金の性格 / p134
  • 二 料金決定原則総説、料金総收入 総括原価 / p139
  • 三 営業費 / p151
  • 四 諸積立金 / p158
  • 五 資本報酬 / p161
  • 六 米国における料金決定原則の発展 / p173
  • 七 わが国における料金決定の実狀 / p176
  • 第六章 公益事業料構成論 / p185
  • 一 基本形式と料金分化 / p186
  • 二 定額料金制の適用範囲 / p187
  • 三 従量料金制と最低料金 / p194
  • 四 二部料金の諸形態 / p206
  • 五 電話のレート・メーキングにおける特殊性 / p220
  • 六 運輸サービスにおける料金構成と単一価格 / p226
  • 第七章 公益事業会計 / p235
  • 一 序言 / p236
  • 二 一般私企業の会計と公益事業会計 / p236
  • 三 会計原則の問題 / p239
  • 四 当期業績主義と機能的分類-貸借対照表と損益計算書 / p245
  • 五 財務諸表の体系-決算報告書の構成 / p255
  • 六 公益事業の資産評価の原則 / p257
  • 七 公益事業における減価償却と財産単位制度 / p263
  • 第八章 公益事業会計 / p271
  • 一 序 / p272
  • 二 公益事業会計の主要課題 / p273
  • 三 財産評価問題 / p276
  • 四 減価償却論 / p292

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 公益企業経営
著作者等 公益事業学会
書名ヨミ コウエキ キギョウ ケイエイ
出版元 森山書店
刊行年月 1954
ページ数 302p
大きさ 21cm
NCID BN15745939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54000075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想