丹後殺人迷路

西村京太郎 著

深夜、十津川警部の電話が鳴った。妻を殺し最近出所した男からだった。死んだはずの妻を見たという。同日、電話の男が殺され、現場に次の殺人を予告する血文字「文殊に聞け!」が残されていた。十津川は丹後に急ぐが、予告通り男が射殺され、凶器の指紋から、ライフルのオリンピック選手が浮上する。だが、彼は昨年焼身自殺していた…。死者が絡む奇怪な予告殺人を描く長編ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 丹後殺人迷路
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ タンゴ サツジン メイロ
書名別名 Tango satsujin meiro
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1997.1
ページ数 280p
大きさ 15cm
ISBN 4101285101
NCID BN15736144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97036437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想