ギリシア人の性と幻想

吉田敦彦 著

ギリシア文化の光と影。古代ギリシア世界における同性愛、女性観、怪物の図像誌、スピンクスの謎、アトランティス伝説など、さまざまな伝説や奇譚を、古典研究と比較神話の方法で解きほぐし、周縁から、知られざる、もう一つのギリシア像を浮かび上らせる、野心的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 女性嫌悪と男たちの同性愛(飼い馴らせる動物と、けっして馴らせない女-古代ギリシア人の動物観と女性観
  • 食肉と女の起源-神話と儀礼に見る食と性の思想
  • ギリシア文化と男たちの同性愛)
  • 第2部 怪物とユートピア(スピンクスとプラトン『国家』に見る三機能体系
  • エジプトとギリシアの怪物図像誌
  • アトランティス伝説とクレタ島のミノア文明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア人の性と幻想
著作者等 吉田 敦彦
書名ヨミ ギリシアジン ノ セイ ト ゲンソウ
出版元 青土社
刊行年月 1997.2
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4791755189
NCID BN15718925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想