キリスト教史  4

上智大学中世思想研究所 編訳・監修

学問と芸術の大開花、教権と俗権の抗争、托鉢修道会と異端の出現…「黄金時代」から「中世の秋」まで、キリスト教世界の劇的な変貌を広範な視点をもって跡づける、本シリーズ白眉の一巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部 1199-1303年(13世紀
  • 教皇至上権-信仰の広がり
  • ローマとコンスタンティノポリス
  • 教権と俗権の論争 ほか)
  • 第4部 1304-1500年(アヴィニョン教皇
  • 大分裂
  • 15世紀
  • 中世後期の修道生活(1206‐1500年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教史
著作者等 Knowles, David
上智大学中世思想研究所
Knowles Micheal David
Obolenski Dimitri
オボレンスキー ディミトリ
ノウルズ マイケル・デイヴィド
書名ヨミ キリストキョウシ
書名別名 The Christian centuries

中世キリスト教の発展
シリーズ名 平凡社ライブラリー 178
巻冊次 4
出版元 平凡社
刊行年月 1996.12
ページ数 651p
大きさ 16cm
ISBN 458276178X
NCID BN15704476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中世キリスト教の発展 M.D.ノウルズ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想