聖霊は女性ではないのか : フェミニスト神学試論

E.モルトマン=ヴェンデル 編 ; 内藤道雄 訳

本書は、十人の寄稿や講演原稿からなるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 諸根源(聖書のルァハ表象のダイナミズムについて
  • 「プネウマは吹くがままに吹く」-プネウマの自由の再発見のための新約の助け)
  • 2 歴史(女の姿をした聖霊-将来の希望?
  • ウァシャリングの三位一体のフレスコ画に描かれているのは聖霊か女聖霊か?)
  • 3 反省(聖霊の話はフェミニスト神学に役だつだろうか?-体系的=神学的考察
  • 雁はどこへ飛んで行く?-新しい聖霊のフェミニスト神学を求めて)
  • 4 出発(女霊が母なる教会の客人であれば
  • 女性と聖霊教義
  • 「来たれ聖霊よ、被造物をすべて新たにされたし」
  • チュング・ヒュン・キュングの講演の注釈)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖霊は女性ではないのか : フェミニスト神学試論
著作者等 Moltmann-Wendel, Elisabeth
内藤 道雄
Moltmann‐Wendel Elisabeth
モルトマン‐ヴェンデル E.
書名ヨミ セイレイ ワ ジョセイ デワ ナイノカ : フェミニスト シンガク シロン
書名別名 Die Weiblichkeit des Heiligen Geistes
シリーズ名 21世紀キリスト教選書 11
出版元 新教出版社
刊行年月 1996.11
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4400324613
NCID BN15691396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98009962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想