近代ドイツ職業教育制度史研究 : デュアルシステムの社会史的・教育史的構造

寺田盛紀 著

[目次]

  • 序章 ドイツ職業教育史研究の課題と方法
  • 第1章 営業自由と徒弟監護としての補習学校
  • 第2章 1870年代徒弟制度と補習学校改革の試み
  • 第3章 19世紀第4・4半世紀の各邦国における補習学校の展開と実態
  • 第4章 1890年前後のドイツ徒弟制度の実態
  • 第5章 徒弟制度とマイスターの資格制度の改革
  • 第6章 1890年代プロイセンにおける補習学校改革
  • 第7章 20世紀初頭のプロイセン・ドイツ実業補習学校就学義務論議の性格
  • 第8章 徒弟制度改革と職業訓練概念の成立
  • 第9章 統一学校と職業学校義務の実現
  • 終章 徒弟制度・職業訓練と補習・職業学校教育の分割的発展と結合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ドイツ職業教育制度史研究 : デュアルシステムの社会史的・教育史的構造
著作者等 寺田 盛紀
書名ヨミ キンダイ ドイツ ショクギョウ キョウイク セイドシ ケンキュウ
書名別名 Kindai doitsu shokugyo kyoiku seidoshi kenkyu
出版元 風間書房
刊行年月 1996.12
ページ数 347, 24p
大きさ 22cm
ISBN 4759910115
NCID BN15685076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97049754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想