美と宗教 : 宗教改革と五人の芸術家

内海松寿 著

十六世紀前半のドイツは、宗教改革と大農民戦争という未曾有の動乱期であったが、動乱の不安に創造の魂を呼び覚された画家や彫刻家たちは、自らの信仰を告白し悲劇的時代を証言する作品を生み出した。本書は波乱のまっただ中を生きた五人の芸術家の人と作品を尋ね、美と宗教について考える力作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 十六世紀の南ドイツ
  • 第2章 宗教改革とドイツ文化
  • 第3章 ゴシック芸術
  • 第4章 クラーナハ
  • 第5章 ラートゲープ
  • 第6章 グリューネヴァルト
  • 第7章 リーメンシュナイダー
  • 第8章 デューラー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美と宗教 : 宗教改革と五人の芸術家
著作者等 内海 松壽
内海 松寿
書名ヨミ ビ ト シュウキョウ
出版元 里文
刊行年月 1996.12
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 4947546980
NCID BN15681803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想