律令国家と社会構造

石上英一 著

本書は、経済構造の分析、あるいは法体系の分析という視点から、大化改新、律令国家、所有の問題、天皇制及び国家史、民衆史等々について、その学説史、史学方法論なども含めて、究明したものである。著者は、鋭く論理的かつ実証的立場に立つものであり、特に戸令・田令・賦役令の比較法的、継受法的分析は、葛贄の慣行などに及ぶ豊富な内容を含んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大化改新論
  • 第2章 律令国家論
  • 第3章 比較律令制論-序論
  • 第4章 日本古代における所有の問題
  • 第5章 律令国家と天皇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令国家と社会構造
著作者等 石上 英一
書名ヨミ リツリョウ コッカ ト シャカイ コウゾウ
書名別名 Ritsuryo kokka to shakai kozo
シリーズ名 歴史学叢書
出版元 名著刊行会
刊行年月 1996.11
ページ数 282p
大きさ 20cm
ISBN 4839003009
NCID BN15670432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97063649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想