新・生物化学実験のてびき  4 (動物とその組織を用いる実験法)

下西康嗣 ほか共編

生物化学実験を行う目的の一つは、生物の種々の機能の物質的側面を明らかにすることである。生物からタンパク質や核酸などを分離して、その生体での機能を解明するには最終的にin vivoで実際にどのような役割を果たしているのかを明らかにする必要がある。本書は、タンパク質などの機能を動物の種々の時間的、空間的諸環境をも考慮して、組織や個体レベルで明らかにするための入門書として書かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 動物実験を行うときに知っておくべきこと
  • 2章 基本となる動物実験手技
  • 3章 臓器灌流の行い方
  • 4章 組織切片を使って行う実験
  • 5章 遺伝子導入動物の作製とその応用
  • 6章 全動物を使った生体物質の機能解析
  • 7章 疾患モデル動物とその作製

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・生物化学実験のてびき
著作者等 下西 康嗣
本田 武司
永井 克也
長谷 俊治
書名ヨミ シン セイブツ カガク ジッケン ノ テビキ
書名別名 動物とその組織を用いる実験法
巻冊次 4 (動物とその組織を用いる実験法)
出版元 化学同人
刊行年月 1996.12
ページ数 179p
大きさ 21cm
ISBN 4759807675
NCID BN15669681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97064030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想