場の量子論とは何か : 統一理論へ近づくための根本原理

和田純夫 著

本書は、現在、物理学の根本原理とされる「場の量子論」を、数式を使わず初歩から解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電磁波の理論から光子の理論へ
  • 第2章 新しい粒子像から光の量子論へ
  • 第3章 粒子に対する場の量子論-物質と光の統一
  • 第4章 粒子の発生・消滅
  • 第5章 場の量子論と力
  • 第6章 発散の困難とくりこみ理論
  • 第7章 ハドロンとクォークと量子色力学
  • 第8章 弱い力と統一理論
  • 第9章 大統一理論と今後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場の量子論とは何か : 統一理論へ近づくための根本原理
著作者等 和田 純夫
書名ヨミ バ ノ リョウシロン トワ ナニカ
書名別名 Ba no ryoshiron towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1996.12
ページ数 200, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4062571498
NCID BN15654913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97049883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想