アンシァン・レジームと革命

A.de トクヴィル 著 ; 井伊玄太郎 訳

「近代は諸条件の平等化に向かう」というトクヴィルにとって、絶対主義も一つの社会学的現象である。王政による中央集権は階級秩序の破壊、富の平等化、思想の同一化をもたらし、革命はその中ですでに進行・達成されていた。一七八九年の革命はアンシァン・レジームとの断絶ではなく、国家利益のために社会の地位が剥奪されてゆく歴史の産物であったと看破。『アメリカの民主政治』と並ぶ刮目の歴史論。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンシァン・レジームと革命
著作者等 Tocqueville, Alexis Charles Henri Maurice Clérel de
Tocqueville, Alexis de
井伊 玄太郎
de Tocqueville Alexis
de・トクヴィル A.
書名ヨミ アンシァン レジーム ト カクメイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.1
ページ数 596p
大きさ 15cm
ISBN 4061592653
NCID BN15652328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97036858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想