遺伝子で診断する

中村祐輔 著

がん、高血圧、糖尿病…これらの病気の発症は、生まれながらにもつ個人の遺伝子やDNAによって決められているのか。ヒトゲノム計画によって解析が進むわれわれの生命設計図。この設計図に書き込まれた遺伝情報を調べることによって、将来起こりうる病気を予知・予防しようとする試みが遺伝子診断である。病気や治療について、これまでの常識を大きく覆す遺伝子医療の世界を、がん遺伝子研究の権威である著者が平易に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺伝子とゲノム-「生命の設計図」の神秘
  • 第2章 病気と遺伝子-「生命の設計図」にできた傷
  • 第3章 がん遺伝子とがん抑制遺伝子-がん細胞はなぜできるのか
  • 第4章 遺伝子診断の可能性-いま遺伝子で何がわかるか
  • 第5章 遺伝子診断は諸刃の刃か-「予知・予防」医療社会への課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子で診断する
著作者等 中村 祐輔
書名ヨミ イデンシ デ シンダンスル
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1996.12
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4569554555
NCID BN15648987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97042002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想