ある明治人の朝鮮観 : 半井桃水と日朝関係

上垣外憲一 著

朝鮮の伝統文化と民衆に深く共感する半井桃水の足跡を辿り、明治期の日朝関係を究明。明治前期のさまざまな角度からの多様な朝鮮観を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 半井桃水の生い立ちと少年時代(半井家と幕末維新期の対馬
  • 釜山倭館での生活と征韓論 ほか)
  • 第2章 朝鮮通信員半井桃水の登場(李東仁の暗殺事件
  • 参謀本部員の潜行発覚 ほか)
  • 第3章 青年記者、文学者、桃水(『春香伝』の翻訳連載
  • 釜山の軟派文学 ほか)
  • 終章 小説『胡砂吹く風』(新聞小説家への転身
  • 『胡砂吹く風』の筋立て ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある明治人の朝鮮観 : 半井桃水と日朝関係
著作者等 上垣外 憲一
書名ヨミ アル メイジジン ノ チョウセンカン
書名別名 Aru meijijin no chosenkan
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.11
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4480861017
NCID BN15648331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97045564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想