供述によるとペレイラは…

アントニオ・タブッキ 著 ; 須賀敦子 訳

1938年夏、リスボン。ファシスト政権下、ひとりの新聞記者が、ある決意をかためた。鬼才タブッキが、困難な状況下において人間の生きる意味を根底から問いかけた完璧な小説。イタリア最高の文学賞ヴィアレッジョ賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 供述によるとペレイラは…
著作者等 Tabucchi, Antonio
須賀 敦子
タブッキ アントニオ
書名ヨミ キョウジュツ ニ ヨル ト ペレイラ ワ
書名別名 Sostiene Pereira
出版元 白水社
刊行年月 1996.11
ページ数 193p
大きさ 20cm
ISBN 4560046158
NCID BN15624286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97039695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想