鬼道の女王卑弥呼  上

黒岩重吾 著

西暦二世紀の後半、中国・黄巾の乱を避け日本帰還を果した倭人集団の長・ミコト、その娘ヒミコはやがて当時の先端思想「鬼道」を礎として邪馬台国に君臨する。魏志倭人伝にも伝えられる鬼道とは何か?波乱と激動の時代を鮮やかに解きあかす。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼道の女王卑弥呼
著作者等 黒岩 重吾
書名ヨミ キドウ ノ ジョオウ ヒミコ
巻冊次
出版元 文芸春秋
刊行年月 1996.11
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 4163166009
NCID BN15610452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97039553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想