日本生命・東京海上火災 : 「人生産業」をめざす保険王国の虚実

坂口康 ほか著

日本の保険業界は本格的な競争の時代を迎えている。56年ぶりに大改正された新保険業法のもとで、国際的にもトップクラスにある生・損保業界の両雄は、一体どこに向かおうとしているのか。業界再編にむけた両社の現状を検討するなかで、「保険王国・日本」の今後を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 保険業界の構造とその経営原理
  • 1 日本生命(日本生命の形成とその現状
  • 日本生命の損益構造
  • 財務データが語る日本生命の実力と影
  • 日本生命の資産運用
  • 日本生命の二一世紀戦略と生保労働)
  • 2 東京海上火災(世界に君臨する東京海上火災
  • 損保企業の経営的特質と損益構造
  • 東京海上火災の高収益力の秘密
  • 「金融自由化」時代の損保労働)
  • 3 21世紀への保険業界の課題と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本生命・東京海上火災 : 「人生産業」をめざす保険王国の虚実
著作者等 坂口 康
成田 修身
平澤 克彦
平沢 克彦
書名ヨミ ニホン セイメイ トウキョウ カイジョウ カサイ
書名別名 Nihon seimei tokyo kaijo kasai
シリーズ名 日本のビッグ・ビジネス 17
出版元 大月書店
刊行年月 1996.12
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4272102176
NCID BN15608359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97048080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想