極北シベリア

福田正己 著

七月末の吹雪、40メートルの氷壁でのロッククライミング、老朽船で海氷おおう北極海を進む。極北の地での調査は冒険だ。また、なぞの地下氷エドマ、巨大な氷の網目、緑の小山ピンゴなど、泳久凍土がつくりだす地形は不思議に満ちている。マンモスハンターや漁師たちとの出会いも含め、シベリアの知られざる大自然を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 永久凍土圏-凍てついた大地
  • 2 タイガとツンドラ
  • 3 レナ河
  • 4 新シベリア諸島
  • 5 コリマ河
  • 6 インジギルカ河
  • 7 エニセイ河
  • 環境汚染と開発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極北シベリア
著作者等 福田 正己
書名ヨミ キョクホク シベリア
書名別名 Kyokuhoku shiberia
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.12
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4004304814
NCID BN15591325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97049590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想