東と西海と山 : 日本の文化領域

大林太良 著

日本の民俗文化は東と西、海と山それぞれの地域で特徴を持っている。歴史学、考古学、民俗学などの共同研究の成果をふまえ、さらに東アジアの視野からも日本の民俗社会の文化要素を分析する日本民族文化形成論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の文化領域
  • 第2章 生態学的な文化複合
  • 第3章 海と山に生きる人々-その生態・生業と文化
  • 第4章 生業活動の二つの様相
  • 第5章 東アジアの文化領域
  • 補論 生態学・歴史・社会組織-文化領域設定における

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東と西海と山 : 日本の文化領域
著作者等 大林 太良
書名ヨミ ヒガシ ト ニシ ウミ ト ヤマ
シリーズ名 小学館ライブラリー 92
出版元 小学館
刊行年月 1996.12
ページ数 313p
大きさ 16cm
ISBN 4094600922
NCID BN15581015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97045041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想