聖人

ユッタ・シュトレーター=ベンダー 著 ; 進藤英樹 訳

神と人間との仲介者であって、奇跡・秘儀的治療により神の力を媒介し、宇宙的な力を人間に伝える聖人-。異教的とも思える自選崇拝的・母神崇拝的・反父権的な聖人と聖女の世界の、瑞々しさ、美しさ、不可思議さ、豊かさ、象徴性、永遠性を究めつつ、ヨーロッパ精神世界の豊穣な地下水脈を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 聖人崇拝-世界的現象(忘れられた時
  • 「別の世界」への入口
  • 輝く光と天の印
  • 無限なる神秘主義)
  • 第2部 象徴的形姿としての聖人(此岸と彼岸との間で-クリストフォロス
  • 克服の車輪とともに-アレクサンドリアのカタリナ
  • 三位一体の窓からの眺め-バルバラ
  • 竜を征服した女性マルガレーテ
  • 三人の聖処女
  • 銀の母-アンナ
  • 天使のごとき男性-聖ヨセフ
  • 素晴らしき双子の兄弟コスマスとダミアヌス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖人
著作者等 Ströter-Bender, Jutta
進藤 英樹
Str¨oter‐Bender Jutta
シュトレーター=ベンダー ユッタ
書名ヨミ セイジン : シンテキ セカイ エノ ドウハンシャ
書名別名 Heilige

神的世界への同伴者
シリーズ名 「叢書」象徴のラビリンス
出版元 青土社
刊行年月 1996.12
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 4791754956
NCID BN15578826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98021980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想