岩波講座文化人類学  第12巻 (思想化される周辺世界)

青木保 ほか編

[目次]

  • 第1部 『未開』の思想の系譜(「異文化」展示の系譜-もうひとつの人類学史・素描
  • 差異のとらえかた-相対主義と普遍主義
  • しなやかな野生の知-構造主義と非同一性の思考)
  • 第2部 再生産されるロマン主義(カーゴカルトの語り口-ある植民地的/人類学的言説の顛末
  • ふるさとイメージをめぐる実践-岩手県遠野の事例から
  • 「正しい」他者となること-大戦間のバリをめぐって)
  • 第3部 主張する周辺世界(受容から抵抗へ-アボリジニの生活の展開
  • 近代への別の入り方-ブラジルのインディオの抵抗戦略)
  • 第4部 人類学批判と人類学者(ポストコロニアル批判を越えるために-翻訳・ポジション・民族誌的知識)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座文化人類学
著作者等 清水 昭俊
青木保ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ブンカ ジンルイガク
書名別名 思想化される周辺世界
巻冊次 第12巻 (思想化される周辺世界)
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.12
ページ数 307p
大きさ 22cm
ISBN 4000107526
NCID BN15539030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想