破防法がやってきた : 新安保時代の有事体制

破防法研究会 編

[目次]

  • 破防法団体適用に反対する
  • オウムと破防法-破防法は粉砕できる
  • 破防法をめぐる憲法状況
  • なぜ悪法は法ではないのか
  • 日米安保条約と破防法-世界史の錯誤の産物
  • 公安調査庁と治安警察
  • TBSオウム報道について-「放送労働者通信」より
  • 決意の証し・県民投票-新安保時代と基地・沖縄
  • ここまできた有事体制-湾岸戦争と朝鮮危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破防法がやってきた : 新安保時代の有事体制
著作者等 破防法研究会
書名ヨミ ハボウホウ ガ ヤッテキタ
書名別名 Haboho ga yattekita
シリーズ名 破壊活動防止法 no.4
ムック・コンドル no.4
出版元 アール
刊行年月 1996.7
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 4795245754
NCID BN15529478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97012133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想