日記が語る日本の農村 : 松本盆地の畑に八十年

中村靖彦 著

長野県山形村に、同地で農業を営む一老人の六十年以上に及ぶ日記が残されている。彼は、戦争、農地改革、農産物自由化などの波に揉まれ、その間、主な産物も、繭、酪農品、野菜とシフトさせてきた。さらに、自身の病気、家族内や村内に起こる問題が、彼の人生を変えていった。本書は、農業問題に三十年以上携わってきた放送ジャーナリストが、今や崩壊の危機に直面している日本農業の原点を、一農家の日記から見直す試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日記との出会い
  • 第1章 戦争と病気と
  • 第2章 敗戦・混乱の家と村
  • 第3章 人生は蚕に始まる
  • 第4章 改革を解せぬ地主は困る
  • 第5章 長芋とねぎとの格闘
  • 第6章 農村社会と家・家族
  • 第7章 村の政治の渦中で
  • 第8章 水・しきたり・道祖神
  • 第9章 激動の農政と正三

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日記が語る日本の農村 : 松本盆地の畑に八十年
著作者等 中村 靖彦
書名ヨミ ニッキ ガ カタル ニホン ノ ノウソン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.11
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 4121013328
NCID BN15511439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97050103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想