旅する巨人 : 宮本常一と渋沢敬三

佐野真一 著

柳田国男以後、最大の功績をあげたといわれる民俗学者・宮本常一の人と業績を自筆恋文など発掘資料で追いつつ、壮図を物心両面で支えた器量人・渋沢敬三の"高貴なる精神"の系譜を訪ねる…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 周防大島
  • 護摩をのむ
  • 渋沢家の方へ
  • 廃嫡訴訟
  • 恋文の束
  • 偉大なるパトロン
  • 父の童謡
  • 大東亜の頃
  • 悲劇の総裁
  • "ニコ没"の孤影
  • 萩の花
  • 八学会連合
  • 対馬にて
  • 土佐源氏の謎
  • 角栄の弔辞
  • 長い道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅する巨人 : 宮本常一と渋沢敬三
著作者等 佐野 真一
書名ヨミ タビスル キョジン
出版元 文芸春秋
刊行年月 1996.11
ページ数 390, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4163523103
NCID BN15510629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97041647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想