英語音声学・音韻論

ピーター・ローチ 著 ; 島岡丘, 三浦弘 訳

音声に関する研究は音韻論と音声学とに分けられる。音声学の目標は音声現象の正確な観察とその記述をもともとねらいとしている。一方、音韻論は言語の音素間の対立や組織などを体系的に取り扱うことをねらいとする。しかし、音韻論を研究する場合でもその土台は音声学的研究となる。本書は音声学と音韻論を切り放さずに両者にしっかり関連性をもたせて論述しており、健全な内容と言える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言語音の発出
  • 長母音・二重母音・三重母音
  • 発声と子音
  • 音素
  • 摩擦音と破擦音
  • 鼻音とその他の子音
  • 音節
  • 強音節と弱音節
  • 単一語の強勢
  • 複合語の強勢〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語音声学・音韻論
著作者等 Roach, Peter
Roach, Peter John
三浦 弘
島岡 丘
Roach Peter
ローチ ピーター
書名ヨミ エイゴ オンセイガク オンイン ロン
書名別名 English phonetics and phonology. 2nd ed
出版元 大修館書店
刊行年月 1996.12
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 4469243922
NCID BN15502358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97047087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想