モンテーニュとメランコリー

マイケル・A.スクリーチ [著] ; 荒木昭太郎 訳

本書は、『エセー』の範囲と目的を再吟味して、モンテーニュが自らの憂うつ気質の舵をいかに取って、適切な心理的水路にみちびき、肉体と精神のバランスをもとめつづけ、詩人タッソのような天才にも影響をおよぼした狂気を回避しようとしたか、それを説得的に示してくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 独創性
  • 天才
  • モンテーニュの憂うつ
  • 天才から狂気へ-トルクァート・タッソ
  • 特権と恩寵
  • 万人共通の恍惚さまざま
  • 私生活
  • 恋愛と戦争
  • 人から人へ
  • 試行と解決〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンテーニュとメランコリー
著作者等 Screech, M. A.
Screech, Michael Andrew
荒木 昭太郎
Screech Michael A.
スクリーチ マイケル・A.
書名ヨミ モンテーニュ ト メランコリー
書名別名 Montaigne and melancholy

『エセー』の英知
出版元 みすず書房
刊行年月 1996.10
ページ数 322, 26p
大きさ 20cm
ISBN 4622030764
NCID BN15483275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97077510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想