イエスの招き : キリスト教の修錬 第1部,第2部

キエルケゴール 著 ; 井上良雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 編纂者の序 / 9
  • 第一部 「凡て勞する者・重荷を負ふ者、われに來れ。われ汝等を休ません」。 / 11
  • 祈願 / 13
  • 招待 / 15
  • 止れ / 38
  • a. あの招きの御言葉を語り給うたのは誰か。 / 40
  • b. 人はキリストについて、歴史から何事かを知り得るか。 / 44
  • c. 人は、キリストが神であり給うたといふことを、歴史から證明し得るか。 / 45
  • d. キリストの生の諸結果は、その生よりも重大か。 / 56
  • e. キリストが經驗し給うたのと同じ扱ひをその生において、同時代の人々から經驗する人々と、キリストとの比較。 / 58
  • f. キリスト教界の不幸。 / 64
  • 二 招待者 / 68
  • a. 彼の生の第一齣 / 75
  • b. 彼の生の第二齣 / 101
  • 三 招待と招待者 / 109
  • 四 絶對的なるものとしてのキリスト教。 キリストとの同時性。 / 120
  • 教訓 / 130
  • 第二部 「我に躓かぬ者は幸福なり」。 / 139
  • 樂音整調 / 141
  • この叙述の内容の簡單な摘要 / 150
  • 叙述 / 154
  • A キリストとしてのキリスト(神人)には無關係で、既存のものに反對する一人の「完全かつ正」しい、單獨者としてのキリストに關する、躓きの可能性。 / 154
  • B (一單獨者が神であるかの如くに語り、或は行動し、われは神なりと自稱する)尊貴への方向における-從つて、神人といふ複合體中の神といふ限定への方向における、本質的な躓きの可能性。 / 171
  • C 神と自稱する者が、卑しく、憐れな、苦しめる者として-遂には、無力な者として現れるといふ、卑賤への方向における、本質的な躓きの可能性。 / 188
  • 附録一 / 195
  • 附録二 / 196
  • BとCとの結語 / 225
  • 「躓き」についての-即ち、本質的な躓きについての、樣々な思惟限定 / 227
  • 一 神人は「徴し」である。 / 229
  • 二 僕の貌は識別不可能(微行)である。 / 235
  • 三 直接的傳達の不可能性。 / 246
  • 四 直接的傳達の不可能性は、キリストにあつては、苦難の祕義である。 / 253
  • 五 躓きの可能性は直接的傳達の拒否である。 / 258
  • 六 直接的傳達を拒否するといふことは、「信仰」を要求するといふことである。 / 260
  • 七 神人は信仰の対象である。その理由は、神人が躓きの可能性であり給ふからである。 / 266

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イエスの招き : キリスト教の修錬 第1部,第2部
著作者等 Kierkegaard, Søren
井上 良雄
キエルケゴール
書名ヨミ イエス ノ マネキ : キリストキョウ ノ シュウレン ダイ 1ブ ダイ 2ブ
シリーズ名 哲学選書
出版元 角川書店
刊行年月 1948
ページ数 280p
大きさ 19cm
NCID BN15478333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48000402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想