義賊伝説

南塚信吾 著

「悪を正す」「豊かな者から奪い、貧しい者に与える」等々、民衆のヒーロー=義賊はさまざまな伝説に彩られている。義賊は実在したのか、「盗賊」とどこが違うのか、どのように伝説化したのか、またそれは何故なのか。ロビン・フッド論争から説きおこし、ハンガリーの国民的義賊シャーンドルの検討を通じて、民衆の記憶と夢を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 鼠小僧とロビン・フッド
  • 1 世界史上の義賊たち
  • 2 義賊像の誕生
  • 3 社会的正義の体現者
  • 4 略奪と殺しのモラル
  • 5 民衆社会の周辺で
  • 6 地域権力との関わり
  • 終章 記憶された歴史=民衆の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 義賊伝説
著作者等 南塚 信吾
書名ヨミ ギゾク デンセツ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.11
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4004304717
NCID BN15478005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97044970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想