第二次世界大戦後戦争全史

張聿法, 余起棻 編 ; 浦野起央, 劉甦朝 訳

第二次大戦後の全戦争、実に194件。冷戦・解放戦争・独立戦争をへて、世界は局地戦・武力衝突の時代に突入した。中国が全力を傾けて戦後の戦争の総てを集成し、その政治的・社会的・歴史的背景を探り、起因・経過・戦略・戦術、後方作戦・戦争指導、国際的反応に及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 1940年代の局地戦争
  • 第3章 1950年代の局地戦争
  • 第4章 1960年代の局地戦争
  • 第5章 1970年代の局地戦争
  • 第6章 1980年代の局地戦争
  • 付論 1990年代の局地戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第二次世界大戦後戦争全史
著作者等 余 起棻
劉 甦朝
張 聿法
浦野 起央
余 起〓
書名ヨミ ダイ ニジ セカイ タイセンゴ センソウ ゼンシ
出版元 刀水書房
刊行年月 1996.10
ページ数 686p
大きさ 22cm
ISBN 4887081995
NCID BN1546957X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97038565
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想