世紀末とナショナリズム

ジム・サムソン 編 ; 三宅幸夫 監訳

本書では音楽史を包括的にとり扱うことは試みていない。編者たちは、自分が最も興味深いと思う音楽の中心地について議論することを選んだ。音楽愛好家の莫大な人口にもかかわらず、音楽史は知的な一般読者層に-美術史や建築史や文学史のようには-好んで受け入れられていない。本書はそのような読者層にアプローチし、彼らの知的興味を刺激するような言葉遣いで音楽を語ることを試みるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中央ヨーロッパ東部:民族性獲得への苦闘
  • 第2章 スカンディナヴィア:多様性の中の統一
  • 第3章 ヴィクトリア朝イギリス:拡張の時代
  • 第4章 アメリカ合衆国:古典音楽、産業音楽、埋もれた音楽
  • 第5章 ラテン・アメリカ:影響と反発
  • 第6章 ドイツ:逆流と矛盾
  • 第7章 世紀末ヴィーン:政治とモダニズム
  • 第8章 パリ:対立する進歩の概念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世紀末とナショナリズム
著作者等 Samson, Jim
三宅 幸夫
サムソン ジム
書名ヨミ セイキマツ ト ナショナリズム
書名別名 The late romantic era

後期ロマン派2
シリーズ名 西洋の音楽と社会 9
出版元 音楽之友社
刊行年月 1996.12
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 4276112397
NCID BN15451177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97045433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想