日本農法の水脈 : 作りまわしと作りならし

徳永光俊 著

[目次]

  • 1章 「農芸」としての日本農法-日本列島に息づく生きもの観
  • 2章 晴れ着の農書・野良着の農事日誌-在地農法の改良・普及・受容
  • 3章 農書にみる近世の幕あけ-水田における作りまわしと作りならし
  • 4章 日本農学の開明と攘夷-大蔵永常と佐藤信淵
  • 5章 本音で語る農民たちの近代-在地農法をめぐる「外来」と「在来」
  • 6章 作りまわしの大和農法-地場と旬の農業づくりへ
  • 7章 作り・暮らし・いのちの「農芸」-守田志郎を受け継ぐ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本農法の水脈 : 作りまわしと作りならし
著作者等 徳永 光俊
書名ヨミ ニホン ノウホウ ノ スイミャク
シリーズ名 人間選書 194
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1996.11
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4540960644
NCID BN15435374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97037401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想