免疫疾患 : 分子メカニズムから病態・診断・治療まで

小池隆夫 ほか編

1970年頃までの免疫の概念は、"非自己に対するシステム"として免疫を捉えることであった。自己に対する免疫は、アプリオリに禁止されるべきものと考えられていた。しかし、その後の免疫学の根源的な問いかけは、自己と非自己を区別するものは何か?非自己の侵入に対して自己はいかなる挙動を示すのか?という方向に大きく転換した。"自己に対する寛容とその破綻"という、免疫学のもうひとつの根源的な問いかけも、免疫システムを構成する数多の蛋白がクローニングされ、その機能が分子レベルや遺伝子レベルで解明されつつある今日でも、未だ新鮮な命題であり、多くの若い研究者を魅了してやまない。本書はそのような、21世紀の免疫研究をリードする若い力の輩出も念じつつ、編集された。実際、本書は日本が誇る一流の免疫学の研究者に執筆をお願いし、現代臨床免疫学における潮流を概観できる内容になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 免疫システムと免疫疾患発症の分子メカニズム(免疫応答のメカニズムと自己免疫疾患
  • 腫瘍免疫の分子メカニズム
  • 移植免疫の分子メカニズム
  • 特殊な免疫系)
  • 2章 主要免疫疾患の病態・診断・治療(自己免疫疾患
  • 免疫不全症)
  • 3章 免疫疾患をめぐる新しい治療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫疾患 : 分子メカニズムから病態・診断・治療まで
著作者等 宮坂 信之
小池 隆夫
山本 一彦
書名ヨミ メンエキ シッカン
書名別名 Men'eki shikkan
シリーズ名 メディカル用語ライブラリー
実験医学別冊
出版元 羊土社
刊行年月 1996.11
ページ数 199p
大きさ 26cm
ISBN 4897064074
NCID BN15416518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97038907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想