飛鳥藤原京

八木充 著

古代史の主舞台・飛鳥藤原京は、どのような宮都だったのか。本書は、古代から近現代の宮都研究の軌跡をたどり、克明に論点を整理した力編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 宮都と飛鳥
  • 第2 近代的な宮都研究のはじまり
  • 第3 宮都研究の拡大と発展
  • 第4 宮都研究の総括と現段階

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛鳥藤原京
著作者等 八木 充
書名ヨミ アスカ フジワラキョウ
シリーズ名 研究史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1996.11
ページ数 289, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4642071288
NCID BN15414410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97041587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想