神軍緑軍赤軍

山内昌之 著

黒海とカスピ海に挾まれたカフカース、シルクロードの舞台・中央アジアのイスラーム世界は、かつてロシア帝国の領土だった。1917年の革命後ソビエト連邦に組みこまれたが、そこにはイスラームに帰依しながら独自のナショナリズムを保持する多くの民族が暮らしていた。ムスリムとしてのアイデンティティのもとで民族自決を目指したかれらは、ボリシェヴィズムといかに関わりあっていったのか。接近と離反、希望と挫折-複雑に絡み合う『イスラーム・ナショナリズム・社会主義』のトリアーデを、周縁民族の視角から記述する。ソ連崩壊をうけてにわかに紛争の火種となった地域の「問題の本質」を、ソ連解体と冷戦終結以前に提起した先駆的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ロシアとイスラーム世界
  • 第1部 「オリエント」のなかのロシア革命(イスラーム世界から見たロシア革命70年
  • ロシア革命と中東)
  • 第2部 アナトリアのボリシェヴィキ(エフェたちのパルチザン
  • 緑軍と「不可能な革命」)
  • 第3部 スルタンガリエフ異聞(スルタンガリエフとムスリム赤軍
  • もうひとつの「ディアスポラ」とエスニシティ
  • ソ連のなかの「オリエンタリズム」)
  • 第4部 スーフィーとコミサール(ヴァイソフ神軍考
  • カフカースのスーフィー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神軍緑軍赤軍
著作者等 山内 昌之
書名ヨミ シングン リョクグン セキグン
書名別名 Shingun ryokugun sekigun
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.11
ページ数 503p
大きさ 15cm
ISBN 4480083065
NCID BN15399758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97044797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想