絵画の見方 : 美的経験の認知発達

マイケル・J.パーソンズ 著 ; 尾崎彰宏, 加藤雅之 訳

絵画教育の現場での子供たちへのインタビューを通して、芸術の理解が人間形成に必須の過程であることを浮彫にする。ピアジェの認知発達理論やコールバーグの発達段階説を芸術鑑賞に応用し、モノローグからダイアローグへの架橋として美的教育を位置づける試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 五段階の概観
  • 第2章 主題
  • 第3章 表出
  • 第4章 媒体、フォルム、様式
  • 第5章 価値判断

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画の見方 : 美的経験の認知発達
著作者等 Parsons, Michael J
加藤 雅之
尾崎 彰宏
パーソンズ マイケル・J.
書名ヨミ カイガ ノ ミカタ
書名別名 How we understand art

Kaiga no mikata
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1996.11
ページ数 282, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4588410113
NCID BN15375873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97039184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想