女性と出生前検査 : 安心という名の幻想

カレン・ローゼンバーグ, エリザベス・トムソン 編 ; 堀内成子, 飯沼和三 監訳

本書は、NIH女性健康局と国立看護研究所が中心となって91年に開催されたワークショップ「出生前遺伝検査-女性への衝撃」の講演記録を元に刊行されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 議論の背景(出生前検査と遺伝学の虚構
  • 羊水穿刺と絨毛生検の歴史を左右した女性たち
  • 障害をもつ人への影響)
  • 第2部 哲学、倫理、法的問題(生殖遺伝学とジェンダーの不平等
  • 生殖遺伝検査と中絶と母性の倫理
  • 親子関係の倫理と生殖遺伝検査
  • 「よき母」の責任の限界と選択)
  • 第3部 心理および社会文化的問題(出生前検査は妊婦に役立つのか
  • 妊婦たちの沈黙とフィクション
  • 女性の心理反応と価値観の多様性
  • 低所得女性、有色系女性のための生殖遺伝医療
  • 仮の妊娠
  • 生殖遺伝検査と妊娠喪失)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性と出生前検査 : 安心という名の幻想
著作者等 Rothenberg, Caren H.
Rothenberg, Karen H
Thomson, Elizabeth J.
Thomson, Elizabeth Jean
堀内 成子
飯沼 和三
トムソン エリザベス
ローゼンバーグ カレン
書名ヨミ ジョセイ ト シュッショウゼン ケンサ
書名別名 Women & prenatal testing

Josei to shusshozen kensa
シリーズ名 メディカルトリビューンブックス
出版元 日本アクセル・シュプリンガー
刊行年月 1996.10
ページ数 374p
大きさ 19cm
ISBN 4895891410
NCID BN15365246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97068862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想