薬害エイズを生きる : 帝京大病院血友病患者島田照国の記録

西野瑠美子 著

出血が止まらず、死線をさまよったときに助けてくれた医師が、なぜ、HIV感染の疑いが濃い血液製剤を使い続けたのか。実名を公表して提訴に踏み切った患者と家族の苦悩と希望を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生い立ち(少年の日の記憶
  • 独り立ち ほか)
  • 2 告知(帝京大エイズ第一号患者
  • 京英会 ほか)
  • 3 三重の構造犯罪(非加熱血液製剤使用続行の謎
  • HIV第四ルート感染
  • 実名提訴を決意)
  • 4 社会の偏見と闘う(職場とエイズ
  • 労働組合とエイズ対策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬害エイズを生きる : 帝京大病院血友病患者島田照国の記録
著作者等 西野 瑠美子
西野 留美子
書名ヨミ ヤクガイ エイズ オ イキル
書名別名 Yakugai eizu o ikiru
出版元 明石書店
刊行年月 1996.11
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4750308722
NCID BN15332371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97045118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想