酵母 : 究極の細胞

柳田充弘 編

[目次]

  • 1章 なぜ酵母か
  • 2章 なぜ酵母ゲノムを研究するのか
  • 3章 細胞はどのようにゲノムを伝えるか
  • 4章 酵母はどのようにして子孫をふやすのか
  • 5章 染色体DNAを正確にコピーする機構とその制御
  • 6章 細胞の複製と分裂に必要な遺伝子
  • 7章 膜で囲まれた細胞内の構造体-オルガネラ
  • 8章 シグナル伝達系から細胞のがん化が見えてくる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酵母 : 究極の細胞
著作者等 柳田 充弘
書名ヨミ コウボ
書名別名 Kobo
シリーズ名 ネオ生物学シリーズ ゲノムから見た新しい生物像 第4巻
出版元 共立
刊行年月 1996.10
ページ数 158, 11p
大きさ 21cm
ISBN 4320054547
NCID BN15307760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97031094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想