土地市場論 : 土地市場と土地政策の経済分析

前川俊一 著

本書は、土地問題とそれに対する政策に関する経済分析を試みることを目的とし、異常な地価決定のメカニズムに焦点を当てるため、現実の土地市場に合った交渉モデル(Bargaining Model)を用いてミクロ経済学的な地価決定を議論した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 地価変動の実態と分析(地価変動の実態
  • 地価変動のマクロ分析)
  • 第2編 土地市場のミクロ経済分析(土地市場の構造
  • 需要者と供給者の留保価格
  • 双方入札モデルによる取引価格の決定 ほか)
  • 第3編 土地政策の経済分析(土地政策の必要性と諸外国の土地関連制度
  • 取引価格の規制
  • 土地利用規制 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土地市場論 : 土地市場と土地政策の経済分析
著作者等 前川 俊一
書名ヨミ トチ シジョウロン
書名別名 Tochi shijoron
出版元 清文社
刊行年月 1996.10
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 4796047263
NCID BN15302734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97035570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想