ギャンブルフィーヴァー : 依存症と合法化論争

谷岡一郎 著

ギャンブルは人類史上、実にさまざまな役割を果たしてきた。日本では現在、公営のもの以外禁じられているが、解禁論・解禁反対論とも活発である。本書は、ギャンブル中毒とは何で、なぜそうなるのかを分析し、その治療がどう行なわれているかをまず報告する。さらに、現在の日本のギャンブルの問題点を指摘したうえでカジノ解禁への是非の論拠を検討し、世界規模でのギャンブルの趨勢を予測して、その社会的位置づけを検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ギャンブルの役割
  • 第2章 ギャンブルホーリック
  • 第3章 はまりゆくパターンとはまる性格
  • 第4章 ギャンブルホーリックの治療
  • 第5章 ギャンブル(カジノ)に反対する人々
  • 第6章 ギャンブル解禁論
  • 第7章 世界の動きとギャンブルの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギャンブルフィーヴァー : 依存症と合法化論争
著作者等 谷岡 一郎
書名ヨミ ギャンブル フィーヴァー
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.10
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4121013255
NCID BN15253810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97045502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想