図書館とコンピュータ

坂本徹朗 著

コンピュータは、ハードウェアとソフトウェアから成る。そしてさらに分けると「処理」と「データベース」と「通信」の3つから成る。それを図書館の側からみれば図書館のコンピュータ化とそのシステム構築の方法論が関心の的である。そこで、本書は5部構成とし、その中をいくつかの節に分けて概観を試みることにした。各部の最初にはそれぞれの分野の全体を見渡す目的で「展望」の節を置いた。本書は、いったい今のコンピュータの世界はどう理解したらよいのか、どう理解すれば図書館の仕事に役に立つのか、について語るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 図書館
  • 2 コンピュータ
  • 3 ネットワーク
  • 4 データベース
  • 5 システム構築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館とコンピュータ
著作者等 坂本 徹朗
書名ヨミ トショカン ト コンピュータ
書名別名 Toshokan to konpyuta
シリーズ名 図書館員選書 3
出版元 日本図書館協会
刊行年月 1996.10
版表示 第3版.
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 4820496115
NCID BN15239944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97022661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想