物理定数とは何か : 自然を支配する普遍数のふしぎ

西条敏美 著

物理の法則につきものの「定数」は、その発見と探究の過程で、さまざまな新しい知見を物理の世界にもたらした。本書では、物理を学ぶときによくでてくる12の物理定数をとりあげて、それぞれの定数が最初にどのようにして生まれてきたか、代表的測定実験はどんなものがあって、現在の状況はどうなっているのかなど、定数にまつわる話を試みている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 万有引力定数
  • 第2章 重力加速度
  • 第3章 大気圧
  • 第4章 熱の仕事当量
  • 第5章 音速
  • 第6章 光速度
  • 第7章 電子の比電荷
  • 第8章 電気素量
  • 第9章 アボガドロ定数
  • 第10章 リュードベリ定数
  • 第11章 プランク定数
  • 第12章 ボルツマン定数

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理定数とは何か : 自然を支配する普遍数のふしぎ
著作者等 西条 敏美
書名ヨミ ブツリ テイスウ トワ ナニカ
書名別名 Butsuri teisu towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1996.10
ページ数 272, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4062571447
NCID BN15215775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97034147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想