マンダラ宇宙論

立川武蔵 編

宗教学・インド哲学・密教学・図像学・美術史・民族学などの分野の十五人が、マンダラ宇宙をはじめて総合的に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コスモス(「コスモス」とは何か
  • マンダラの中心における「自己」-近代の発明を再発見するユング思想をめぐって)
  • 2 自己と世界の表象(ヒンドゥー教の自我と世界
  • インド自然哲学における自我
  • ジャイナ教のマンダラ-「聖なる集い」(samavasarana)について
  • タントラ仏教における自己と宇宙)
  • 3 マンダラの本質(マンダラの形態の歴史的変遷
  • コスモグラム・サイコグラムとしての曼荼羅-曼荼羅の哲学的解釈はいかにして可能か
  • 『時輪タントラ』第一章「世界の章」について)
  • 4 都市と儀礼のコスモロジー(南インド寺院都市の形成とマンダラ-シュリーランガムを中心に
  • ラサ-マンダラ都市
  • 六道十王図のコスモロジー
  • ネワール仏教儀礼における仏の「受胎」と「誕生」)
  • 5 生命体としてのコスモス(蓮のイコノロジー-誕生・浄土・曼荼羅のシンボリズム
  • 生命体としてのコスモス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンダラ宇宙論
著作者等 立川 武蔵
書名ヨミ マンダラ ウチュウロン
出版元 法蔵館
刊行年月 1996.9
ページ数 450p
大きさ 22cm
ISBN 4831871486
NCID BN15206253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想