ジャズと生きる

穐吉敏子 著

満州からの引揚げ後、ジャズ・ピアニストの道を歩み出した少女は、才能と幸運に恵まれて、一九五六年、憧れの米国留学を果たし、本場ニューヨークで注目を浴びる。だが、立ちはだかる人種や性の壁、そして出産・離婚…。作曲・編曲家、ビッグバンド・リーダーとしても国際的に活躍する在米の著者が、波瀾に満ちた過去を初めてつづる自伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 満州に生まれて
  • 2 戦争、そして引揚げ
  • 3 ジャズ・ピアノの世界へ-福岡で
  • 4 東京暮らしの楽しさ、淋しさ
  • 5 シックス・レモンズ、コージー・カルテットの時代
  • 6 実現した渡米の夢
  • 7 バークリー音楽院に学びながら
  • 8 結婚、帰国、出産
  • 9 権力と芸術-ウィーン氏のこと
  • 10 離婚-音楽を捨てるか、娘を手放すか
  • 11 タバキンとの出会い、そしてロスへ
  • 12 ビッグバンド誕生-再びニューヨークへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャズと生きる
著作者等 穐吉 敏子
書名ヨミ ジャズ ト イキル
書名別名 Jazu to ikiru
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.10
ページ数 230, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4004304679
NCID BN15204167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97040774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想