現代社会の理論 : 情報化・消費化社会の現在と未来

見田宗介 著

「ゆたかな社会」のダイナミズムと魅力の根拠とは何か。同時に、この社会の現在ある形が生み出す、環境と資源の限界、「世界の半分」の貧困といった課題をどう克服するか。現代社会の「光」と「闇」を、一貫した理論の展開で把握しながら、情報と消費の概念の透徹を通して、「自由な社会」の可能性を開く。社会学最新の基本書。

「BOOKデータベース」より

「ゆたかな社会」のダイナミズムと魅力の根拠とは何か。同時に、この社会の現在ある形が生み出す、環境と資源の限界、「世界の半分」の貧困といった課題をどう克服するか。現代社会の「光」と「闇」を、一貫した理論の展開で把握しながら、情報と消費の概念の透徹を通して、"自由な社会"の可能性を開く。社会学最新の基本書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報化・消費化社会の展開-自立システムの形成
  • 2 環境の臨界・資源の臨界-現代社会の「限界問題」(1)
  • 3 南の貧困・北の貧困-現代社会の「限界問題」(2)
  • 4 情報化・消費化社会の転回-自立システムの透徹

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報化/消費化社会の展開-自立システムの形成(新しい蜜蜂の寓話-管理システム/消費のシステム
  • デザインと広告とモード-情報化としての消費化 ほか)
  • 2 環境の臨界/資源の臨界-現代社会の「限界問題」1(『沈黙の春』
  • 水俣 ほか)
  • 3 南の貧困/北の貧困-現代社会の「限界問題」2(限界の転移。遠隔化/不可視化の機制
  • 「豊かな社会」がつくりだす飢え ほか)
  • 4 情報化/消費化社会の転回-自立システムの透徹(「それでも最も魅力的な社会」?
  • 消費のコンセプトの二つの位相 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代社会の理論 : 情報化・消費化社会の現在と未来
著作者等 見田 宗介
書名ヨミ ゲンダイ シャカイ ノ リロン
書名別名 Gendai shakai no riron
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.10
版表示 改訂
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4004304652
NCID BB26371869
BN15204076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97040173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想