社会哲学の復権

徳永恂 著

現代思想に大きな影響を与えた二十世紀ドイツの思想家は、社会をどう捉えていたか。フランクフルト学派の論客としてあらゆる同一性を批判したアドルノや、英雄的実証主義と賞讃される一方で権力政治家とも批判されるウェーバーなどの多面的な実像を追求。アドルノのもとへ留学し、ウェーバー評価で名高い六四年ドイツ社会学会に立会った筆者が、社会科学との対決を通じて哲学の復権を図る意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会哲学の復権-アドルノ(社会認識における全体性問題
  • フランクフルト学派と現代思想
  • アドルノにおける「否定性とユートピア」 ほか)
  • 第2部 社会科学の論理-ウェーバー(四つのウェーバー像
  • マックス・ウェーバーと合理化の問題
  • 価値判断排除と「合理化」批判
  • ウェーバーとリルケ)
  • 第3部 歴史とユートピア-非在の真理を求めて(ルカーチと歴史主義の問題
  • マンハイムと歴史主義の問題
  • 全体性への要求と哲学への要求 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会哲学の復権
著作者等 徳永 恂
書名ヨミ シャカイ テツガク ノ フッケン
書名別名 Shakai tetsugaku no fukken
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.10
ページ数 363p
大きさ 15cm
ISBN 406159253X
NCID BN15141511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97030972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想