バルト : テクストの快楽

鈴村和成 著

テクスト 作者と読者が交代劇をくりひろげる場-多様な「意味」はそこでどのように生成されるのか。付・主要著作ダイジェスト、キーワード解説他。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ジョーカーとしてのロラン・バルト
  • 第1章 想像界
  • 第2章 構造主義の活動
  • 第3章 女神H(アーシユ)
  • 第4章 自伝
  • 第5章 ニュートラル
  • 第6章 政治的な記号
  • 第7章 BarthesのS
  • 第8章 同時代の切迫
  • 第9章 偶発事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルト : テクストの快楽
著作者等 鈴村 和成
書名ヨミ バルト
書名別名 Baruto
シリーズ名 現代思想の冒険者たち 第21巻
出版元 講談社
刊行年月 1996.10
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 4062659212
NCID BN1512432X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97031786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想