知の果てへの旅 : 思想と文学の現在

コリン・ウィルソン 著 ; 関口篤 訳

現代思想の扉を開いたフッサールの現象学。その上に展開したハイデガー、サルトルらの実存思想。その伏流水となったムージル、マルロー、カミュらの文学。また、レヴィ=ストロースやフーコーの構造主義。デリダ、ドゥルーズのポスト構造主義。そしてまた、それらとは全く別な展開をたどったホワイトヘッド、W・ルイス、イシャーウッド、ケストラーなど、英米の文学・思想圏を重ね合わせて、二十世紀の人類の思想的営為を犀利に解剖。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フランス哲学展望
  • フッサールと進化
  • マルロー、サルトル、カミュ-実存主義の行方
  • 忘れられた傑作-ホワイトヘッド『記号論』
  • ミシェル・フーコー、曖昧の権化
  • フランス的思弁の行方-フーコー批判
  • デリダ論-息子ロワンの理解のために
  • デリダを脱構築する
  • SFと実存主義-個人的思い入れ
  • 現代人を抉る-ムージル『特性のない男』論
  • ムージルを読む快楽
  • 才能は屈折する-ウィンダム・ルイス論
  • 文学の正統-クリストファー・イシャウッド論
  • アーサー・ケストラーの大いなる選択

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知の果てへの旅 : 思想と文学の現在
著作者等 Wilson, Colin
関口 篤
ウィルソン コリン
書名ヨミ チ ノ ハテ エノ タビ
書名別名 Existentially speaking and six more essays

Chi no hate eno tabi
出版元 青土社
刊行年月 1996.10
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 4791754867
NCID BN15117903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97073471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想