二つの世界大戦

木村靖二 著

二十世紀は戦争の世紀である。第一次世界大戦は、近代がつくりだしてきた楽観的な未来像を打ち砕いた。大戦終結後わずか十年の休止期をへて、世界はふたたび戦火を目にし、それは第二次世界大戦へといたった。現在も世界のどこかで戦火は続いている。両大戦がつくりかえた世界、二十世紀の形成者としての両大戦の意味を、世紀終わりの視点から振り返る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 1914年のヨーロッパ
  • 2 第一次世界大戦の推移
  • 3 総力戦と社会
  • 4 両大戦間期の世界
  • 5 第二次世界大戦の推移
  • 6 第二次世界大戦の複合的構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二つの世界大戦
著作者等 木村 靖二
書名ヨミ フタツ ノ セカイ タイセン
シリーズ名 世界史リブレット 47
出版元 山川出版社
刊行年月 1996.9
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 463434470X
NCID BN15101084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97073595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想