生殖技術とジェンダー

江原由美子 編

生殖技術をめぐる「生殖・技術・言論」の三層とジェンダーとの錯綜した関連を解きほぐす。漂流する「女性の自己決定権」はどこへ向かおうとするのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間・生命・倫理
  • 第2章 女性の自己決定権の擁護
  • 第3章 胎児・女性・リベラリズム
  • 第4章 「女性の自己決定権の擁護」再論
  • 第5章 性と生殖をめぐる政治
  • 第6章 「不妊治療」をめぐるフェミニズム
  • 第7章 生殖技術と家族
  • 第8章 『生殖革命』という言説
  • 第9章 生命・生殖技術・自己決定権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖技術とジェンダー
著作者等 井上 達夫
加藤 秀一
川本 隆史
市野川 容孝
柘植 あづみ
江原 由美子
浅井 美智子
書名ヨミ セイショク ギジュツ ト ジェンダー
シリーズ名 フェミニズムの主張 3
出版元 勁草書房
刊行年月 1996.9
ページ数 409, 20p
大きさ 20cm
ISBN 432665192X
NCID BN15063236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97021337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想